コンテンツにスキップする

台湾のエイサー:王会長兼CEOが辞任へ-過去最悪の赤字で

台湾のパソコンメーカー、エイサー (宏碁)の王振堂会長兼最高経営責任者(CEO)が5日、辞任を表明 した。同社の7-9月(第3四半期)は過去最大の赤字となった。パソ コンの低迷に対応するため、全世界で従業員を7%削減する計画も発表 した。

後任のCEOとして翁建仁(ジム・ウォン)社長が来年1月1日に 就任するほか、王氏は来年6月まで会長職を続ける。同社の発表資料に よると、創業者の施振榮(スタン・シー)氏が戦略的改革を提言する委 員会を主導する。

エイサーの7-9月の純損失は131億台湾ドル(約440億円)と過去 最大となり、アナリストの赤字予想平均(5900万台湾ドル)も大きく上 回った。5件の買収に関連し99億4000万台湾ドルの評価損を計上したこ とも響いた。

原題:Acer Chairman and CEO Wang Resigns After Posting Record Loss(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE