コンテンツにスキップする

ゴールドマンのアジア資金運用会長、ボリト氏が今年で退職

米銀ゴールドマン・サックス・グル ープのアジア資金運用部門のオリバー・ボリト会長が、今年いっぱいで 退職する。内部文書で明らかになった。ボリト氏はゴールドマンに15年 間在職した。

11月4日付の内部文書によれば、ボリト氏は退職後、アドバイザリ ーディレクターとなる。ゴールドマンのソウル在勤の広報担当者が文書 の内容を確認した。

英国籍を持つボリト氏は、2001年から英国とアイルランドのインス ティテューショナルビジネスの責任者を務めた後、07年から香港で日本 を除くアジアのファンドビジネスを統括。08年にゴールドマンのパート ナーに昇格し、昨年ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント の会長に就任した。

原題:Goldman Sachs Asia Fund Chairman Bolitho to Leave After 15 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE