コンテンツにスキップする

デフォルトの瀬戸際、米国は繰り返さず-サマーズ元財務長官

サマーズ元米財務長官は、米国を国 債デフォルト(債務不履行)の瀬戸際まで追い込んだ先月のような政治 的な対立が繰り返されることはないとの認識を示した。

メキシコ市のイベントに出席したサマーズ氏は5日遅くにインタビ ューに応じ、「墓穴を掘った人々がそれを繰り返すことはほとんどな い。つまりデフォルトのふちに再び達する可能性は低いと考えている」 と述べた。

今は米ハーバード大学の教授に就いている同氏は民間主催の会議 で、「われわれはグロテスクな状況から逃れられた」と話し、米政界内 の対立の経済成長への影響は米国だけにとどまらないと指摘した。

サマーズ氏は米共和党のティーパーティー(茶会党)系議員らにつ いて触れ、「米国以外の国々の懸念が高まってもティーパーティーの動 機や行動に大きな影響があるとは思わないが、世界のシステムが非常に 深い形で米国に依存しているのは明らかで、米国の弱体化は世界のシス テムの弱体化だ」と論じた。

原題:Summers Sees U.S. Averting Brink-of-Default as Debt Talks Loom(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE