コンテンツにスキップする

香港株(終了):H株指数、1週間ぶり大幅安-3中総会控え

香港株式市場で、ハンセン中国企業 株(H株)指数はここ1週間余りで最大の下げとなった。中国共産党が 経済改革などについて協議する第18期中央委員会第3回総会(3中総 会)が9日から開催される。

風力発電を手掛ける龍源電力集団(916 HK)は1.9%下落。前日は 2週間ぶりの高値を付けていた。青島ビール(168 HK)は2.9%安。ジ ェフリーズ・グループによる株式投資判断引き下げが響いた。

一方、石油・ガス生産の昆侖能源(135 HK)は2.3%上昇。同社が 中国の都市化の恩恵を受けるとの見方をサンフォード・C・バーンステ ィーンが示した。

H株指数の終値は前日比0.7%安の10561.57。10月25日以来の大幅 な下落率となった。ハンセン指数は前日比2.01ポイント安の23036.94で 終了。構成50銘柄中、約半数が値下がりした。

プライド・インベストメンツ・グループのルイス・ワン最高投資責 任者(CIO)は、「市場のセンチメントは持ちこたえているようだ が、中国市場のパフォーマンスが低調なため、香港株に大きな上振れは ないだろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE