コンテンツにスキップする

欧州債:スペイン債中心に下落、入札控え-ECB会合もにらむ

5日の欧州債市場では、スペインと イタリアを中心にユーロ圏諸国の国債が総じて下落。欧州中央銀行 (ECB)は7日の定例政策委員会で利下げを控えると、大半のエコノ ミストは予想している。

スペイン国債は続落。同国は5年物と10年物、13年物を7日の国債 入札で発行する。イタリア債も下げた。同国政府は今年2回目となる個 人投資家向けのインフレ連動債の発行準備を進めている。40億ユーロ規 模の5年債入札を翌日に控えたドイツでも、国債が下落した。

SEB(ストックホルム)の債券調査部門責任者、ユッシ・ヒルヤ ネン氏は「当社の見方では12月に利下げが実施される」とし、「物価デ ータはびっくりするほど下がり、それでECBが利下げを行う可能性が 強まった。しかし、こうした見方は市場では既に織り込み済みで、今週 の会合に向けて利回りはもう下がらないかもしれない」と語った。

ロンドン時間午後4時32分現在、スペイン10年債利回りは前日比9 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の4.10%。4日に は3.95%と、5月3日以来の低水準となった。同国債(表面利 率4.4%、2023年10月償還)価格はこの日、0.745下げ102.39。イタリ ア10年債利回りは6bp上昇し4.17%。前日は5月29日以降で最も低 い4.07%に下がっていた。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査によると、 ECBは7日の会合で政策金利を0.5%に据え置くと70人中67人が見込 んでいる。バンク・オブ・アメリカ(BOA)とロイヤル・バンク・オ ブ・スコットランド・グループ(RBS)、UBSは0.25ポイントの利 下げを予想している。

ドイツ10年債利回りは7bp上げて1.74%。10月31日には1.65% と、8月8日以来の低水準を付けた。

英国債相場は下落。比較的安全とされる同国債の需要が後退した。 英公債管理局(DMO)はこの日、インフレ連動債を12億5000万ポンド 発行した。

英10年債利回りは前日比10bp上昇の2.72%。先月22日以来の高水 準となる2.74%まで上昇する場面もあった。同国債(表面利 率2.25%、2023年9月償還)価格は0.805下げ95.965。

原題:European Bonds Slide Before ECB Meets This Week Amid Debt Supply(抜粋) Pound Jumps to 1-Month High Versus Euro on Services; Gilts Slide (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE