コンテンツにスキップする

HSBC、指標金利操作問題でEUとの協議から離脱-関係者

英銀HSBCホールディングスは欧 州銀行間取引金利(EURIBOR)をめぐる談合について調査してい る欧州連合(EU)の競争当局との和解協議から抜けたと、事情に詳し い関係者が匿名を条件に明らかにした。当局は来月にも複数の銀行に制 裁金を科す見込みだという。

また別の関係者が述べたところによると、HSBCが交渉から抜け たのは制裁金の額と責任を認めるかどうかの問題で合意できなかったか らだという。この関係者も匿名を条件に語った。EUの欧州委員会との 和解協議にはほかに6行が参加していたが、そのうち少なくとももう1 行も交渉から離脱した可能性があるという。これら6行はバークレイズ とクレディ・アグリコル、ドイツ銀行、JPモルガン・チェース、ロイ ヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)、ソシエ テ・ジェネラル。

同6行の代表およびHSBCの広報担当者、欧州委のスポークスマ ン、アントワーヌ・コロンバーニ氏はいずれもコメントを控えた。

世界の当局は、ドイツ銀行などを含む十数行をさまざまな指標金利 の操作で共謀した疑いで調査している。協議から抜けた銀行は共謀を認 める代わりに制裁金を10%減額してもらう機会を失うことになる。

関係者の1人によれば、EUと和解合意した銀行はEURIBOR 操作のための共謀について認め、早ければ12月に制裁金を科される公 算。HSBCなど協議から離脱した銀行には別途、正式な異議告知書が 送られるという。

原題:HSBC Said to Reject Euribor Probe Settlement as EU Readies Fines(抜粋)

--取材協力:Suzi Ring. Editors: Peter Chapman, Anthony Aarons

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE