コンテンツにスキップする

レーン欧州委員:ギリシャ目標達成に自信-トロイカと協議再開

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は5日、ギリシャが救済条 件の財政目標を達成できることを確信していると述べた。サマラス首相 は賃金と年金の一律カットを受け入れられないと表明した。

ギリシャのストゥルナラス財務相はこの日、欧州委と欧州中央銀行 (ECB)、国際通貨基金(IMF)の代表団で構成するトロイカと6 週間ぶりにアテネで協議。ギリシャが救済条件を順守していると説得を 試みているものの、財政赤字目標を達成する上で必要とされる財政措置 の規模に関して意見の相違がある。

レーン委員はブリュッセルで「ギリシャ当局は現在、取り組みを続 け、さらに強化している」とし、「財政赤字を穴埋めし財政目標を達成 する確実な方法について、納得のいく解決策を見いだすことができると 確信している」と発言した。

協議継続を理由に匿名で発言したギリシャ財務省の当局者による と、この日の協議は「順調」で、構造改革と銀行がその焦点だった。ト ロイカとの協議は8日に再開する。

原題:Rehn Confident Greece to Meet Targets as Troika Talks Resume(抜粋)

--取材協力:Eleni Chrepa、Christos Ziotis、Paul Tugwell. Editors: James Hertling, Jim Silver

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE