コンテンツにスキップする

米ISM非製造業景況指数:10月は55.4に上昇、受注は低下

米供給管理協会(ISM)が発表し た10月の非製造業景況指数は市場予想を上回った。

米供給管理協会(ISM)が発表した10月の非製造業総合景況指数 は55.4と、前月の54.4から上昇した。ブルームバーグがまとめたエコノ ミスト予想の中央値は54だった。同指数で50は活動の拡大と縮小の境目 を示す。

ウェルズ・ファーゴのシニアエコノミスト、マーク・ビトナー氏 は、一部政府機関の閉鎖について「連邦政府と関連性の強い分野ではマ イナスの影響を受けただろうが、それ以外の景気は問題なかったよう だ」と述べ、「非製造業部門はかなり堅調に推移している」と続けた。

ISMの非製造業には公益事業や小売り、ヘルスケア、住宅関連、 金融など経済の約90%を占める部門が含まれている。

10月の総合景況指数を項目別に見ると、景況指数は59.7と前月 の55.1から上昇した。雇用指数は56.2と、前月の52.7から伸びた。一 方、新規受注は56.8と、前月の59.6から低下した。

ください。

原題:Service Industries in U.S. Grow at Faster Pace Than Forecast (2)(抜粋)

--取材協力:Ainhoa Goyeneche. Editors: Vince Golle, 西前 明子

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE