コンテンツにスキップする

ユーロ高は域内均衡回復の妨げ、南欧に打撃大きい-レーン委員

欧州連合(EU)の行政執行機関で ある欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は、ユーロは経済のフ ァンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)を反映しているとした上で、 相場が上昇すれば域内経済の均衡回復の妨げになるとの見解を示し、価 格に敏感な南欧諸国の輸出に特に大きな打撃を与えるからだと説明し た。ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語った。

ユーロ圏のインフレ率については「明らかに欧州中央銀行 (ECB)の金融政策の目指すところと一致していない」とし、ECB が「金融政策決定に当たってこれを考慮すると信頼している」と述べ た。利下げを歓迎するかとの問いには「金融政策の決定はECBに任せ る」と答えた。

原題:EU’s Rehn Says Euro ‘Reflecting Its Economic Fundamentals’ (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE