コンテンツにスキップする

ロンドン外為:ユーロ下落、対円で一時約3週ぶり安値

ロンドン時間5日午前の外国為替市 場でユーロは下落。欧州中央銀行(ECB)の政策決定を7日に控え、 追加金融緩和をめぐる観測から売られた。円に対しては一時、約3週間 ぶり安値となった。

ロンドン時間午前8時5分現在、ユーロは対円で0.6%安の1ユー ロ=132円49銭。一時は10月10日以来の安値の132円39銭を付けた。対ド ルは0.2%安の1ユーロ=1.3488ドル。ドルは対円で0.4%安の1ドル =98円22銭。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト68人の調査では バンク・オブ・アメリカ(BOA)とUBS、ロイヤル・バンク・オ ブ・スコットランド・グループ(RBS)の3社が7日の0.25ポイント 利下げを予想。残りは0.5%での金利据え置きを見込んでいる。

原題:Euro Weakens on Bets ECB Will Ease Monetary Policy; Aussie Drops(抜粋)

--取材協力:Candice Zachariahs. Editors: Nicholas Reynolds, Keith Jenkins

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE