コンテンツにスキップする

日銀総裁:「当てもなく入口に入ることあり得ない」-緩和の出口

日本銀行の黒田東彦総裁は5日午 後、量的・質的金融緩和の出口政策について「現時点で具体的な議論を 行うのは時期尚早」としながらも、「もとより出口の当てもなく入口に 入ることはあり得ない」とし、「しっかり私どもとしても出口戦略を考 えておきたい」と述べた。大阪市内で行った講演後の質疑応答で述べ た。

黒田総裁はその後に行った会見で、あらためて出口論について聞か れ、「足元の物価上昇率は2%にはまだまだほど遠い」と指摘。その上 で、「物価安定目標を達成し、これを安定的に維持できるようになるま で現在の政策を続ける」とし、「まだ途上なので、今から具体的に出口 戦略を議論するのは時期尚早だろう」と述べた。

さらに、「出口の議論になってくれば、当然、その時の経済・金融 情勢等々と関連して議論されるわけなので、そういったものに対して、 今からこう仮定したらこうなるとか、ああ仮定したらああなるとか、い ろいろ言うこと自体、あまり現実的意味はないし、かえって市場に余計 な雑音を与えてしまうことになる」と述べた。

会見では低下傾向を続ける長期金利についても聞かれ、「量的・質 的金融緩和の下で大量の国債を購入していることによる、金利下方圧力 が効いている」と指摘。「インフレ期待が徐々に上昇している中でも、 現在のところ長期金利は低位で安定している。その結果、実質金利は下 がっている。量的・質的金融緩和が効果を表しているということだと思 う」と述べた。

今後の名目金利の動向が注目点

総裁は「さらに物価上昇率が上がっていき、さらにインフレ期待が 上がっていくもとで名目金利がどうなっていくかということは、今後の 注目点だとは思う」としつつも、「量的・質的金融緩和は2%の物価安 定目標が達成され、安定的に維持されるまで続けるので、大量の国債購 入による長期金利に対する下方圧力は続く」と指摘。「仮に名目金利が 上がるとしても、その程度はより小さくて、やはり実質金利は下がり続 けていくだろう」と述べた。

講演では「量的・質的金融緩和は想定した通りの効果を発揮してき ている。この政策の下で、わが国経済は2%の物価安定目標の実現に向 けた道筋を順調にたどっている」と言明。「今後とも、日銀は目標実現 を目指し、これを安定的に持続するために必要な時点まで量的・質的金 融緩和を継続する」と述べた。

その上で、「経済・物価情勢について上下双方向のリスク要因をし っかり点検し、物価安定目標の実現のために必要であれば、ちゅうちょ なく調整を行っていく」との方針を示した。

消費税率引き上げの影響

先行きの景気については、消費税率引き上げが「家計の実質可処分 所得にマイナスの影響を及ぼすことは確かだ」としながらも、①政府が 各種の経済対策を講じる②家計は以前から消費税率引き上げを相応に織 り込んでいる③消費税率引き上げは家計の財政や社会保障制度に関する 将来不安を和らげる効果が期待される-ことから、「マイナスの影響は ある程度緩和される」と指摘。

消費税率引き上げに伴う「駆け込み需要とその反動による振れを伴 いつつも、基調的には潜在成長率を上回る成長を続ける」と語った。

物価については「消費税率の引き上げの直接的な影響を除くベース でみた消費者物価の前年比は上昇傾向をたどり、2015年度までの見通し 期間の後半にかけて、物価安定目標の2%程度に到達する可能性が高 い」と述べた。講演後の質疑応答では、為替相場に関して「安定的に推 移することが極めて大切なことだ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE