コンテンツにスキップする

独BMW:7-9月のEBITは市場予想より小幅な減少

高級車メーカー世界最大手、ドイツ のBMWの7-9月(第3四半期)決算は減益となったものの、利益は 市場予想を上回った。販売台数の伸びが、新モデル関連コストを一部穴 埋めした。

同社の5日の発表によると、利払い・税引き前利益 (EBIT) は前年同期比3.7%減の19億3000万ユーロ(約2560億円)。ブルームバ ーグがまとめたアナリスト11人の予想平均(18億6000万ユーロ)を上回 った。売上高は前年同期比0.4%減の188億ユーロ。

ノルベルト・ライトホッファ最高経営責任者(CEO)は発表文で BMWの利益について、「高水準の新技術関連支出と欧州の厳しい市場 環境にもかかわらず、明るい方向に進んでいる」と説明した。

BMW株はフランクフルト市場で、今年に入り15%上昇。同社の企 業価値は539億ユーロとなっている。

同社は2013年通期の税引き前利益について、昨年の78億2000万ユー ロと「同等の水準」との見通しをあらためて示した。1-9月の税引き 前利益は0.3%減の60億2000万ユーロ。

原題:BMW Posts Narrower-Than-Expected Profit Drop on Demand Gains (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE