コンテンツにスキップする

香港株:ハンセン指数、続落-中国旺旺など消費者関連株が安い

香港株式相場は下落。ハンセン指数 はここ1週間余りで最大の値下がりとなった。消費者関連銘柄が安い。

音響部品メーカーの瑞声科技(AACテクノロジーズ・ホールディ ングス、2018 HK)は7.3%下落。複数の証券会社による目標株価引き下 げが響いた。菓子メーカーの中国旺旺(151 HK)も安い。一方、時価総 額で欧州最大の銀行、英HSBCホールディングス(5 HK)は1.5% 高。7-9月(第3四半期)の利益増加が好感された。

ハンセン指数は続落し、前日比150.67ポイント(0.7%)安 の23038.95で終了。10月24日以来の大幅な下げとなった。構成50銘柄 中、46銘柄が値下がり。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.5%安 の10637.15。

アンプル・キャピタルの香港在勤ディレクター、アレックス・ウォ ン氏は「投資家は慎重になっている」と分析。「年末に向けて利益を得 たいと考えている」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Drop Second Day as Consumer Companies, AAC Fall(抜粋)

--取材協力:Adam Haigh. Editor: Jim Powell

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE