コンテンツにスキップする

ドイツ銀トレーダーが職場復帰、不当解雇と裁判所認定-関係者

ドイツ銀行が指標金利の操作疑惑に 関する内部調査で2月に解雇した後、労働裁判所が不当解雇と認定した トレーダー4人が職場に復帰した。事情に詳しい関係者2人が明らかに した。

4人のトレーダーは解雇が不当だとしてドイツ銀を相手取って訴訟 を起こし、フランクフルトの労働裁判所が9月に地位保全を認める判決 を下した。ドイツ銀の広報担当者は4日、4人の職場復帰を確認する一 方、それ以上のコメントを避けた。

ドイツ銀は裁判で、欧州銀行間取引金利(EURIBOR)とスイ ス・フラン建てロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の申告を担当し ていた4人が、複数のデリバティブ(金融派生商品)トレーダーの利益 を図る目的で、申告する数字についてトレーダーと不適切なインスタン トメッセージのやり取りを行ったと主張していた。

フランクフルトの労働裁判所はこれに対し、金利申告の際に生じる 利益相反を回避する行内の手続きに不備があったとの判断を示した。

原題:Four Fired Deutsche Bank Rate Traders Said to Return to Work(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE