コンテンツにスキップする

NY原油時間外:4カ月ぶり安値近辺-在庫7週連続増加観測

ニューヨーク原油先物相場は5日の 時間外取引で4カ月ぶり安値近辺で推移。米国の原油在庫は7週連続の 増加が予想されている。

前日の通常取引は1セント高。米エネルギー省が6日に発表する1 日終了週の原油在庫はアナリスト7人の予想中央値だと220万バレル増 の3億8610万バレルが見込まれている。5人が増加を予測し、減少と横 ばいを予想したのは各1人だった。米ガソリン店頭価格は今年の最低水 準まで下落した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限はシンガ ポール時間午前8時15分(日本時間同9時15分)現在、変わらずの1バ レル当たり94.62ドルで推移。前週末1日の通常取引終値は94.61ドル。 全限月の取引高は100日平均を約87%下回った。10月は5.8%下落し、月 間の下落率としては1年ぶりの大きさだった。

原題:WTI Crude Little Changed Near Four-Month Low on Supply Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE