コンテンツにスキップする

綿花価格が下落か-中国の在庫が過去最高水準に増加へ

中国は農家を支援するため、綿花在 庫を過去最高水準にまで積み上げつつある。世界の綿花生産は4年連続 で需要を上回っており、供給急増により綿花価格が弱気相場入りするリ スクが高まっている。

米農務省の推計によると、中国の綿花在庫は来年7月31日まで に1270万トンに積み上がる見通し。予想通りなら世界全体の62%を占 め、Tシャツ約710億枚を製造するのに十分な量に相当する。中国は世 界最大の綿花生産・消費国。オーストラリアのマッコーリー・グループ によれば、中国政府は次のシーズンに備蓄プログラムを終了する可能性 がある。ブルームバーグがアナリスト12人を対象に実施した調査の中央 値によると、綿花価格は1年間で10%下落し1ポンド当たり69.5セント になると予想されている。

国際綿花諮問委員会(ICAC)のエグゼクティブディレクター、 テリー・タウンセンド氏は「在庫の規模が問題だし、透明性も問題だ。 その両方が市場の懸念につながっている」と指摘。「市場が均衡に達す るよう、中国が向こう数年間かけてきちんと在庫調整に乗り出すことを 望んでいる。市場関係者は皆、中国政府の今後の行動を推測している」 と述べた。

原題:Cotton Slumping as Glut Expands Record China Hoard: Commodities(抜粋)

--取材協力:Feiwen Rong. Editors: Claudia Carpenter, John Deane

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE