コンテンツにスキップする

【個別銘柄】日産自が4月来の安値、クボタやミネベアは急伸

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

日産自動車(7201):前週末比10%安の861円と、終値で4月2日 以来の安値。2014年3月期の連結営業利益計画を6100億円から4900億円 に減額する、と1日に発表。欧州や一部新興国の低調、予想を上回るリ コール費用などが響く。ゴールドマン・サックス証券では、投資判断を 「買い」から「中立」に引き下げ。今期のみならず、来期以降のコンセ ンサス予想の切り下がりは避けられず、15年3月期の同証予想ベースの バリュエーション(PER10倍)に割安感もないとした。

クボタ(6326):7.9%高の1550円。4-9月期の連結営業利益は 前年同期比8割増の1000億円と、従来計画の780億円から上振れたもよ うと1日に発表。想定以上の円安による採算改善に加え、主力の農業機 械が国内外で伸びた。UBS証券やみずほ証券では、投資判断「買い」 を継続。ドイツ証券でも、新計画が示唆した7-9月期数値は529億円 と同証想定を上回るサプライズで、好調な業績を市場は短期的に好感す るとの見方を示した。

ミネベア(6479):17%高の617円。14年3月期の連結営業利益見 通しを192億円から前期比2.7倍の270億円に上方修正する、と1日に発 表。自動車、スマートフォン向け液晶用バックライトなど電子機器事 業、ボールベアリングなど機械加工品事業の受注堅調などを踏まえた。 JPモルガン証券は投資判断「オーバーウエート」を継続し、目標株価 を600円から680円に上げた。LEDバックライトの収益性向上で、高収 益で比較的安定した機械加工品事業とともに同社の利益成長に対する期 待値が高まる、とした。

高島屋(8233):1.5%安の917円。運営する百貨店、ショッピング センター内のレストランなどでメニュー表示・商品名と異なった食材を 使用し、顧客に料理の提供や商品販売を行っていた事実が判明したと5 日に発表。車エビと表示しているエビにブラックタイガー、ステーキと 表示している肉に牛脂注入した加工肉を使用するなどした。

三井化学(4183):6.3%安の224円。ゴールドマン・サックス証券 は、目標株価を240円から220円に下げ、投資判断「売り」を継続。ポリ ウレタンの主原料であるMDI、テレフタル酸(PTA)など基礎化学 品の厳しさは想定以上で、同証による14年3月期の連結営業利益予想 を310億円から250億円、15年3月期を410億円から360億円に修正した。

日本ユニシス(8056):8.6%安の789円。4-9月期の連結営業利 益は前年同期比44%減の24億円だった、と1日に発表。前年同期に高採 算案件が集中した反動で、売上総利益が減少したことが響く。前期 比44%増の120億円を見込む14年3月通期計画は据え置き。

NTN(6472):8.6%安の416円。未定としていた4-9月期末の 1株当たり配当を無配にする、と1日に発表。復配を目指して取り組ん でいる中期経営計画は道半ばと判断、14年3月通期の配当計画もなお未 定とした。

日本水産(1332):4%高の206円。4-9月期の連結営業利益は 前年同期比82%増の53億400万円となり、従来計画の40億円を上回った ときょう午後1時に発表。水産事業で在庫圧縮を進めたほか、日本の漁 労、ぶり養殖会社の業績が堅調だった。前期比2.2倍の125億円を見込 む14年3月期計画は維持。

日本特殊塗料(4619):14%高の462円。14年3月期の連結営業利 益計画を4億円から7億円に上方修正する、ときょう正午に発表。塗 料、自動車製品関連ともに需要が想定を上回った上期業績動向を踏まえ た。前期比では13%減益が一転、52%増益になる見込み。

三井海洋開発(6269):3.9%高の3005円。ブラジルの総合建設会 社のシャヒンと組んで、同国国営石油会社のペトロブラス社のカリオカ 油田向け浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積み出し設備(FPSO)1基 の建造、チャーター契約の受注が内定したときょう午後1時に発表。16 年6月に現地到着予定で、今後の業績寄与が見込まれた。

宇部興産(4208):5.3%安の196円。4-9月期の連結営業利益は 前年同期比44%減の90億7700万円だった、と1日に発表。ナイロン原料 のカプロラクタムの市況低迷継続、出荷減などで化成品・樹脂分野が赤 字となり、リチウムイオン電池用材料など機能品・ファイン分野も低調 だった。前期比13%減の260億円で据え置いた14年3月通期計画に対す る進捗(しんちょく)率は35%にとどまる。

イビデン(4062):6.1%高の1762円。14年3月期の連結営業利益 見通しを180億円から前期比3.9倍の210億円に上方修正する、と1日に 発表。海外生産拠点での原価低減、為替の円安推移などが寄与する。

古河電気工業(5801):6.3%高の235円。クレディ・スイス証券 は、投資判断を「アンダーパフォーム」から「アウトパフォーム」に2 段階上げた。アルミや半導体製造装置の最近の統計が強い点や、競合他 社の業績上方修正などを踏まえ、同証による14年3月期の連結営業利益 予想を276億円と見込んだ。会社計画は250億円。

コカ・コーラウエスト(2579):15%高の2283円。1-9月期の連 結営業利益は前年同期比27%増の133億円だった、と1日に発表。南九 州コカ・コーラボトリングの完全子会社化による売上高の上積みや、清 涼飲料事業でのコスト削減も寄与した。また同社は、14年3月末の予定 で最大300人の希望退職者も募集する。モルガン・スタンレーMUFG 証券は、投資判断を「イコールウエート」に引き上げた。

セガサミーホールディングス(6460):3.4%高の2611円。4-9 月期の連結営業利益は前年同期比57%増の124億円だった、と1日に発 表。「回胴黙示録カイジ3」の投入などでパチスロの販売が改善した遊 技機事業の伸び、スマートフォン向けゲームなどコンシューマ事業の堅 調なども寄与した。前期比3.8倍の730億円を見込む14年3月通期計画は 据え置き。

旭ダイヤモンド工業(6140):5.9%安の888円。14年3月期の連結 営業利益見通しを48億5000万円から45億1000万円に下方修正する、と1 日に発表。太陽電池向け電着ダイヤモンドワイヤが回復傾向にある半 面、鉱物資源探査向け製品の不振が続き、前期比では6.4%増益が一 転、1%減益に落ち込む見込み。

もしもしホットライン(4708):5.5%安の1162円。4-9月期の 連結営業利益は前年同期比54%減の42億300万円だった、と1日に発 表。収益柱のテレマーケティング事業で公益向け大型スポット業務の終 了、放送向け業務の縮小が響いたほか、子会社の官公庁向け業務が縮小 したフィールドオペレーション事業の減収もきつい。前期比52%減の64 億3000万円とする14年3月通期計画は維持。

UKCホールディングス(3156):13%安の1639円。4-9月期の 連結営業利益は前年同期比28%減の31億6000万円と、従来計画の39億円 から下振れたもようと1日に発表。海外連結子会社の売上債権の回収に 疑義が生じ、貸倒引当金繰入額の計上による販売費・一般管理費の増加 が響く。

ボルテージ(3639):11%安の1062円。7-9月期(第1四半期) の連結営業赤字は1億1200万円と、前年同期の1億700万円からやや増 えたと1日に発表。増員による人件費やオフィス増床による賃料の増 加、ソーシャルアプリ売り上げの増加による販売手数料の増加などが響 いた。3億円の黒字を見込む14年6月期計画は据え置き。

カルビー(2229):5.2%高の2633円。4-9月期の連結営業利益 は前年同期比32%増の88億6300万円だった、と1日に発表。主力のポテ ト系スナックやシリアル食品「フルグラ」などの好調で、国内事業の売 り上げが伸びた。前期比14%増の180億円を見込む14年3月通期計画は 据え置き。

宝ホールディングス(2531):5.9%高の937円。発行済み株式総数 の0.74%に当たる150万株、金額で15億円を上限に自社株買いを行うと 1日に発表。取得期間は7日から12月6日まで。株式需給の好転が見込 まれた。上期に関係会社の株式売却益を計上した影響で、14年3月期の 連結純利益計画も49億円から前期比2.1倍の97億円に上方修正した。

スターフライヤー(9206):6.7%安の1883円。14年3月期の営業 損益は20億4000万円の赤字と、従来見通しの1億9000万円の黒字から悪 化する見込みと1日に発表。航空機材のリース期間満了による返却に向 けた整備費増加、代替機との航空機賃借料の重複期間など特別要因も響 くとした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE