コンテンツにスキップする

キャタピラー:ウェストバージニア州工場閉鎖へ-コスト削減で

建設・鉱山機械メーカー最大手、米 キャタピラーはウェストバージニア州の工場を閉鎖する計画だ。石炭や 銅を採掘する機械の需要が減少しており、コスト削減を目指す。

キャタピラーが4日に電子メールで配布した資料によると、地下鉱 山の掘削に用いられるハイウオール採掘機の生産は2014年半ばまでにウ ェストバージニア州ベックリーの工場からペンシルベニア州の工場に移 管される。

サスケハナ・フィナンシャル・グループのアナリスト、テッド・グ レース氏は同日の電話インタビューで、「キャタピラーの戦略と一致し ている。同社は現在の需要環境に合わせて生産拠点を適切な規模に調整 しており、今後もこうした措置が講じられるだろう」と述べた。

キャタピラーの広報担当バーバラ・コックス氏は4日の電話インタ ビューで、工場閉鎖に伴い影響を受ける従業員40人のうち一部のエンジ ニアは継続雇用され、ペンシルベニア州の工場に異動となる可能性があ ると述べた。発表資料によれば、同社は退職手当を支払う考えもあると いう。

原題:Caterpillar Shuts West Virginia Mining Factory to Cut Costs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE