コンテンツにスキップする

ブラジル株:ボベスパは上昇-輸出見通し改善でヴァーレ高い

4日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が1週間ぶり大幅高。最大の輸出市場である中国の成長 加速の兆候を受けて、鉄鉱石生産のヴァーレが買われた。

ヴァーレは2.3%上昇し、3月以来の高値。建材メーカーのデュラ テックスも3.5%値上がりした。食肉加工のミネルバは2%上昇し、1 カ月ぶり高値。食品加工のBRFから食肉加工2施設を買収することで 合意したことが材料視された。

ボベスパ指数は前週末比0.8%高の54436.92で終了。指数構成銘柄 のうち上昇が39銘柄、下落は30銘柄。通貨レアルはサンパウロ時間午後 6時12分(日本時間5日午前5時12分)現在、0.3%高の1ドル =2.2465レアル。中国国家統計局と中国物流購買連合会が発表した10月 の非製造業購買担当者指数(PMI)は56.3と、9月の55.4から上昇し た。同指数は50を上回れば、非製造業活動が拡大していることを表す。

SLWコレトラ(サンパウロ)のチーフストラテジスト、ペドロ・ ガルジ氏は電話インタビューで、「ボベスパ指数は年末に60000まで上 昇する可能性がある」と指摘。「世界経済には改善の兆しが見られ、株 式相場も反応するはずだ。中国の需要は引き続き強く、ヴァーレなどの 銘柄を支えるだろう」と述べた。

原題:Ibovespa Rises Most in a Week as Vale Rallies on Export Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE