コンテンツにスキップする

米ツイッター:IPO価格引き上げ、時価総額最大136億ドルに

ミニブログ運営の米ツイッターは新 規株式公開(IPO)価格のレンジを最大25%引き上げた。旺盛な需要 を背景に17億5000万ドル(約1730億円)の調達が視野に入ってきた。

規制当局への4日の届け出によると、1株23-25ドルで7000万株を 公開する。これは時価総額が最大136億ドルになることを示唆する。同 社はこれまでIPO価格の仮レンジを1株17-20ドルとしていた。

グリーンクレスト・キャピタル・マネジメントのアナリスト、サン トシュ・ラオ氏は「引き上げ後もなお妥当かつ実行可能な価格だ。これ により投資家が関心を失うことはないと考える」と指摘。「関心を引く ために低い数字から始めて、その後引き上げるというのはよくあること だ。ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)大手3社では最後 の株式公開となるため、需要はある」と述べた。

ツイッターのIPOは公開予定の全株数を十分に上回る需要を集め ていると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにしている。ディック・ コストロ最高経営責任者(CEO)は米国の主要都市を訪れて投資家に 会い、自社株への関心を高めようとしている。

原題:Twitter Boosts IPO Price for Valuation Up to $13.6 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE