コンテンツにスキップする

ブラックベリー:身売り取りやめ、トップ交代へ

カナダのスマートフォン(多機能携 帯電話)メーカー、ブラックベリーは、筆頭株主であるフェアファック ス・ファイナンシャル・ホールディングスへの47億ドル(約4640億円) での身売り計画を取りやめ、転換社債の発行で10億ドルの資金調達を目 指す。同社は新たな最高経営責任者(CEO)を模索する。

4日の米国株式市場でブラックベリーの株価は下落。フェアファッ クスによる買収案の撤回が伝えられると、18%安まで売り込まれた。発 表資料によると、フェアファックスは2億5000万ドルの転換社債を引き 受ける。ソーステン・ハインズCEOは辞任し、元サイベースCEOの ジョン・チェン氏が執行会長に就任し、事業戦略を指揮する。

手続きは今月中に完了の予定。フェアファックスは6週間前にブラ ックベリーを買収する暫定提案を行い、株式の非公開化を目指してき た。事情に詳しい関係者によると、赤字経営で手元資金を取り崩してい るブラックベリーは10億ドルの出資を受けて会社を安定させ、引き続き 他の選択肢も模索する。事業分割案にもよりオープンな姿勢だという。

ブラックベリーの株価は一時6.40ドルまで下落し、時価総額は35億 ドルを割り込んだ。年初から前営業日までに同社の株価は35%下落し た。

同社がハインズ氏の後任を探す間、チェン氏が暫定CEOを務め る。

フェアファックスは、この日の午後5時までに最終案を提示する必 要があった。事情に詳しい関係者によると、フェアファックスはブラッ クベリー買収に必要な資金の調達が難航していた。また、ブラックベリ ーの合同買収という形で参加する企業は一度も明かされなかった。

原題:BlackBerry’s $4.7 Billion Deal Collapses, Prompting Shakeup (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE