コンテンツにスキップする

セントルイス連銀総裁:「凄まじい勢い」の資産購入、継続可能

セントルイス連銀のブラード総裁は 労働市場が改善しても、「凄まじい勢い」で現在進められている月 間850億ドルの債券購入策の継続は可能だとの見方を示した。

ブラード総裁は4日、米経済専門局CNBCに対し、「政策金利が 事実上ゼロであるため、量的緩和をもっと通常の金融政策として考える べきだ」と述べ、緩和政策の維持によりインフレ率2%の目標を目指す ことは可能だと続けた。

同総裁は現在の資産購入について、「凄まじい勢いで進められてい る。可能であれば解除するのが望ましいが、まずは目標を達成したい」 と述べた。

米連邦公開市場委員会(FOMC)での議決権を有するブラード総 裁は、政策金利が事実上ゼロで推移している時の債券購入策は「通常 の」政策だと述べ、「これ以上金利を引き下げられない際には債券購入 策が非常に理にかなった代替策だ」と指摘した。

原題:Bullard Says Jobs Not Sole Determinant of ‘Torrid’ Purchase Pace(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE