コンテンツにスキップする

英HSBC:7-9月30%増益、外為取引めぐる調査受けている

時価総額で欧州最大の銀行、英 HSBCホールディングスの7-9月(第3四半期)税引き前利益は、 前年同期比で30%増加した。コスト削減などが奏功した。

4日の同行決算発表によると、税引き前利益は45億3000万ドル (約4470億円)と、前年同期の34億8000万ドルから増えた。ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたアナリスト10人の予想中央値は55億4000万ド ルだった。

同行はまた、外国為替市場での取引をめぐり複数の当局による調査 の対象となっていることを明らかにした。

自社債務の評価に関する損益を除いたベースの収入に対するコスト の割合は61%と、64%から低下した。スチュアート・ガリバー最高経営 責任者(CEO)は55%前後を目標としている。

サンフォード・C・バーンスティーンのアナリスト、チランタン・ バルア氏は決算発表後に電子メールで配布したリポートで「収入が伸び にくい環境で、経営陣は引き続きコスト削減に取り組んでいる」と論評 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE