コンテンツにスキップする

中国株(4日):上海総合指数、小幅高-非製造業統計を好感

中国株式市場で、上海総合指数は小 幅高。中国国家統計局と中国物流購買連合会が3日発表した10月の非製 造業購買担当者指数(PMI)が前月から上昇したことを受け、多くの 銘柄が上げた。不動産株は安い。

通信機器メーカーのZTE(中興通訊、000063 CH)とレアアース (希土類)永久磁石材料の開発を手掛ける北京中科三環高技術(000970 CH)が上昇。ベビーフードメーカーの浙江貝因美科工貿(002570 CH) は2週間ぶり大幅高。大株主の株式買い戻しが好感された。

中国の上場不動産開発会社で最大手の万科企業(000002 CH)は 2%安。ソフトウエアメーカーの北京東方国信科技(300166 CH) は10%下げた。同社は私募形式の証券発行計画について、当局の認可を 獲得した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前週末比0.07ポイント高の2149.64で終了。構成 銘柄中、値上がりと値下がりの比率は約5対3。上海、深圳両証取のA 株に連動するCSI300指数は0.2%安の2380.45。

華西証券の毛勝アナリストは「週末の統計が良かった」と述べなが らも、中国共産党が9-12日に開催する第18期中央委員会第3回総会 (3中総会)前はそれほど相場が動かないとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE