コンテンツにスキップする

アジア株:下落、米緩和縮小懸念で-タイ・韓国株が下げ主導

4日のアジア株式相場は、タイや韓 国を中心に下落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)で刺激策が縮 小されるとの懸念が背景。

MSCIアジア太平洋(日本除く)指数はロンドン時間午前7時5 分(日本時間午後4時5分)現在、前週末比0.2%安。構成銘柄中、値 下がりと値上がりの比率は約2対1。

タイのSET指数は2.2%下落。韓国総合株価指数は0.7%安で引け た。日本とインドの金融市場は祝日のため休場。

--取材協力:Adam Haigh、Sharon Cho、Emma O’Brien、Michael Heath、Lu Wang、Whitney Kisling. Editors: Sandy Hendry, Michael Patterson

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE