コンテンツにスキップする

ロンドン外為:ユーロ、先週の下げ引き継ぐ-ECB7日会合

ロンドン時間4日午前の外国為替市 場で、ユーロは対ドルで2.3%安となった先週の流れを引き継いでい る。欧州中央銀行(ECB)の7日の政策決定を前に、ユーロ圏経済に は追加支援が必要な兆候が浮上している。

ロンドン時間午前6時57分(日本時間午後3時57分)現在、ユーロ は対ドルで前週末からほぼ変わらずの1ユーロ=1.3492ドル。アジア時 間には9月18日以来の安値の1.3442ドルとなる場面もあった。東京市場 は祝日のため休場。対円では1ユーロ=133円17銭(前週末は133円08 銭)。ドルは対円で1ドル=98円70銭(同98円67銭)。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト68人を対象にまとめた調 査では、バンク・オブ・アメリカ(BOA)とUBS、ロイヤル・バン ク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の3行が7日のECB 利下げを予想。それ以外は0.5%での金利据え置きを見込んでいる。

原題:Euro Near Six-Week Low on ECB; Aussie Climbs as Spending Surges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE