コンテンツにスキップする

米国債、今は買い時-年初来の値下がり予想したドイツ銀

今年1月のブルームバーグ調査で米 国債相場が2009年以来の大きな下げになると正確に予想した金融機関は 数少ない。そのうちの1社、ドイツ銀行は今、米国債は買い時だとして いる。

ドイツ銀のグローバル金利調査責任者、ドミニク・コンスタム氏 (ニューヨーク在勤)は10月28日の電話インタビューで、「われわれが 期待したほどに経済は力強く成長していない」と話した。米民間調査機 関コンファレンス・ボードがその翌日発表した10月の米消費者信頼感指 数は2011年8月以来の大きな低下となった。

米連邦公開市場委員会(FOMC)をめぐる観測は、どれだけ早期 に債券購入プログラムが縮小されるかから、その縮小までどれだけ長く 待つ必要があるのかに移っている。政府機関の一部閉鎖が米経済に悪影 響を与え、雇用とインフレ率の政策目標を達成できないでいることが背 景だ。

プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)21社の一角で あるドイツ銀は今年初め、米10年国債利回りが9月末までに2.75%に上 昇すると予想。現在は今年を2.25%で終えると見込んでいる。そうなれ ば利回りは先月の高水準(2.73%)から低下(価格は上昇)することに なる。

コンスタム氏は「非常に力強い成長を遂げ、金融緩和策の意味ある 縮小がなされようとしているとの仮説は大きくダメージを受けたよう だ」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーのデータによれば、米10年国 債(表面利率2.5%、2023年8月償還)の利回りは先週、0.11ポイント 上昇し2.62%となった。価格は31/32下げ98 30/32。

原題:Bull Market Lives as Deutsche Bank Targets 2.25% Treasury Yields(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE