コンテンツにスキップする

UBS、新たなスイス銀行子会社を設立へ-資本規制に対応

スイス最大の銀行UBSは1日、国 内に銀行子会社を設立する計画を発表した。同国の「大き過ぎてつぶせ ない」金融機関への規制が、システム上重要な銀行の法的構造の変更に つながる可能性があるためだとしている。

スイスは2011年、その一部が世界で最も厳しいとされる資本・流動 性規制を導入。スイス国立銀行(中央銀行)のダンティーヌ副総裁は先 月、UBSやクレディ・スイス・グループが恐らく14年末までにリスク 加重資産をめぐる資本基準を達成するとの見通しを示していた。

UBSの広報担当サミュエル・ブラントナー氏は電子メールで、 「当行が現在検討している法的構造に関する変更は、銀行業界への新た な規制要件を満たすため進めている取り組みの一環だ」とコメントし た。

原題:UBS to Establish New Swiss Too-Big-to-Fail Banking Division (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE