コンテンツにスキップする

ソニー格付け、ムーディーズがジャンク級に引き下げの可能性

米格付け会社ムーディーズ・インベ スターズ・サービスは、ソニーの信用格付けをジャンク級(投機的等 級)に引き下げる可能性がある。ソニーは7-9月期が純損失になった ほか、今期(14年3月期)の純利益予想を下方修正している。

ムーディーズは1日、ソニーの長期シニア無担保債の格付け「Ba a3」を引き下げ方向で見直すと発表した。Baa3はムーディーズの 投資適格格付けで最低水準。

ムーディーズは発表文で、「今回の格付け見直しはソニーの収益性 改善の遅れに対する当社の懸念を反映したものだ」と説明。「大多数の 事業セグメントにおいて見られる弱い収益性は、想定よりも構造改革に 時間を要し、脆弱(ぜいじゃく)な財務状況が続く可能性を示唆してい る」と続けた。

原題:Sony’s Credit Rating May Be Cut to Junk by Moody’s After Loss(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE