コンテンツにスキップする

10月米ISM製造業景況指数:56.4に上昇、生産と雇用は低下

10月の米製造業は拡大ペースが前月 をやや上回った。

米供給管理協会(ISM)の発表によると、10月の製造業総合景況 指数は56.4と、2011年4月以来の最高だった。前月は56.2だった。ブル ームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は55だった。同指数 で50は活動の拡大と縮小の境目を示す。

ストーン・アンド・マッカーシー・リサーチ・アソシエーツの経済 アナリスト、テリー・シーハン氏は、「政府機関の閉鎖は製造業にはそ れほど大きな影響を及ぼさなかった。緩やかなペースでの拡大であり、 かなりよく持ちこたえている」と述べ、「実際に輸出はある程度伸びて いることから、世界経済の減速は一部では緩和し始めている可能性があ る」と続けた。

項目別に見ると、新規受注は60.6で前月の60.5とほぼ変わらず。新 規受注は3カ月連続で60を上回った。生産指数は60.8と、前月の62.6か ら低下した。雇用指数は53.2(前月55.4)に低下した。受注残は51.5 (前月49.5)に上昇した。

い。

原題:Manufacturing in U.S. Expands at Faster Pace Than Forecast (3)(抜粋)

--取材協力:Ainhoa Goyeneche. Editors: Vince Golle, 千葉 茂

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE