コンテンツにスキップする

人民元:週間で1年5カ月ぶり大幅安-中心レート引き下げ

中国人民元は週間ベースで1年5カ 月ぶりの大幅安で今週の取引を終えた。中国人民銀行(中央銀行)が元 の中心レートを引き下げる中で、ドルが上昇した。

人民銀は1日、中心レートを前日から0.04%引き下げて1ドル =6.1452元と、10月11日以来の低い水準に設定した。ブルームバーグ・ ドル指数は今週1.2%上昇と、7月以来の大きな値上がりとなった。

中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、人民元は1 日、6.0995元で終了。週間では0.25%の下げと、2012年6月以来の大幅 安。

ブルームバーグの集計データによると、香港オフショア市場で元 は6.0883元。週間では0.22%安で今年5月以来の大きな下げ。1年物ノ ンデリバラブル・フォワード(NDF)は前日比0.02%安の6.1617元。 これで5日続落と、11年12月以降で最長の下落局面となった。週間で は0.23%安。

原題:Yuan Has Worst Week in 17 Months on Weaker Fixing, Dollar Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE