コンテンツにスキップする

英RBSは企業向け融資部門を見直す必要-英中銀元副総裁

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコ ットランド・グループ(RBS)は、中小企業向け融資を拡大するた め、貸し付け手続きを抜本的に見直す必要があると同行が外部に委託し た調査の報告で指摘された。

アンドルー・ラージ元イングランド銀行(英中央銀行)副総裁は、 コンサルタント会社オリバー・ワイマンと実施した調査の報告書で、異 なる業務間の連携不足に加えて、行員の未熟さからRBSは自ら設定し た目標を達成できずにいると指摘した。

ラージ氏は1日付の報告書で、「RBSは自行の中小企業向け貸し 出し目標を達成できていない。目標が現実的でないだけでなく、融資部 門の弱さも原因だ。中小企業への貸し出しの方法を見直すべきだ」と述 べた。

RBSのロス・マキューアン最高経営責任者(CEO)は別の発表 資料で、企業に融資可能額をはっきりと提示し、申込み手続きに要する 時間を短縮すると約束。「融資拡大のためにはるかに多くのことがわれ われにできると今回の調査で分かった。報告で取り上げられた全ての問 題に取り組む」と強調した。

原題:RBS Needs to Revamp Business-Lending Unit, Large Report Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE