コンテンツにスキップする

安倍首相の「汚染水はコントロール」に疑義-港湾の構造で

安倍晋三首相は国の内外で福島第一 原発から流出している放射能汚染水の影響は港湾内にとどまっていると 安全性を再三強調しているが、海洋専門家、地元住民らから疑問を呈す る声が上がっている。

港湾も潮の干満を利用することで、冷水の供給を持続する一方、原 子炉を冷却した後の温水は外海に排出される構造になっている。

海洋生態研究所の研究参与、御園生淳氏はインタビューで「安倍首 相が汚染水が港湾内にとどまっているというつもりで言っているのなら ば、間違っている」と述べた。同研究所は1975年に設立され、発電所か ら排出された温水の環境影響の調査を行っている。

安倍首相は9月7日、2020年東京オリンピック誘致演説で、福島第 一原発の状況について「アンダーコントロール」にあると述べ、東京へ の招致を勝ち取った。その後、野党がこの発言について追及したが、安 倍首相は10月16日の国会の質疑でも、「放射性物質の影響は、発電所の 港湾内の0.3平方キロメートル内にブロックされている」と述べた。

東京電力は福島第一原発から汚染水が海に流出していることを2年 以上も否定してきた。今年8月になって、放射能で汚染された地下水 約400トンが毎日、海に流出していることを認めた。東電は流出がいつ から始まったか不明としつつも、汚染水が港湾内にとどまっていると弁 明している。

潮の流れ

東京電力の広報国影祐介氏は電話インタビューで、同社の推定とし て潮の干満により、港湾内の水は毎日約40%が入れ替わっていると述べ た。国影氏は、港湾内外のサンプリングの結果から、「あくまで影響は 港湾内にとどまっている」と述べ、状況はコントロールされているとし た。

御園生氏は放射性物質が拡散したことにより、海洋生物環境研究所 が調査している福島原発周辺海域で、事故後1年以内に海水の放射性物 質濃度は急激に低下したと指摘。一方、最近数カ月間では下落ベースが 鈍化しており、福島第一原発からの汚染水の流出が続いている可能性を 示している、とみている。

米国の原発運営に13年間携わっていた元原子力技術者のマイケル・ フリードランダー氏は、低レベルの放射能が人体に与える影響はあまり 科学的に判明していない中、汚染水が制御されない状態で海へ流出され ていることを容認し続けるのはプロとしては失格だと指摘した。

核廃棄物

欧州各国の資金で設立されたOSPAR委員会の今年の報告による と、11年に世界で放出された放射線物質はトリチウムが1万3485テラベ クレル、セシウム137やプルトニウム241などベータ線を出すものが25テ ラベクレル以上。

原子力業界団体、世界原子力機構によると、ウラン1キロで2500万 ベクレルの放射線を出す。コーヒー1キロだと1000ベクレル。

9月20日に衆議院議長に提出された福島県浪江町議会の意見書で は、安倍首相の見解について「無責任な発言」と評している。福島第一 原発の汚染水が港湾に流出し、防波堤の開口部から外海に流れているこ とは「誰の目にも明らかである」としている。

原題:Abe Olympic Speech on Fukushima Contradicts Nuclear Plant Design(抜粋)

--取材協力:Isabel Reynolds、Iain Wilson. Editors: Peter Langan, Iain Wilson

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE