コンテンツにスキップする

クレディS、未承認取引のトレーダー解雇-6億円損失で

スイス銀行2位のクレディ・スイ ス・グループは、ロンドン在勤のトレーダーが未承認の取引で600万ド ル(約5億9000万円)の損失を出したと断定し、このトレーダーを解雇 した。事情に詳しい関係者の1人が明らかにした。

社外秘の事項だとして関係者が匿名を条件に語ったところでは、上 場投資信託(ETF)のトレーダーだったロヒト・ジャー氏は、昨年12 月に発生した損失のために10月28日付で解雇された。また、上司のマシ ュー・タグリアーニ氏も停職処分となっている。

クレディ・スイスの広報担当ジャック・グローン氏は、この件を監 督当局に直ちに報告し、協力しているとした上で、「いずれの顧客にも 影響はない。トレーダーが単独で行ったことであり、問題は収拾された と確信している」と説明した。

グローン氏は、未承認の取引の性質ついて詳細な説明を控えてい る。ジャー、タグリアーニ両氏のクレディ・スイスのアドレスにコメン トを求めるメールを送信したが、これまでのところ返事はない。タグリ アーニ氏にはリンクトインを通じてメッセージを送ったが、こちらにも 返答はない。

英国の監督当局の記録によれば、ジャー氏は2009年にクレディ・ス イスに入行した。未承認取引については、米紙ウォールストリート・ジ ャーナル(WSJ)が31日に先に報じていた。

スイスの銀行をめぐっては、最大手のUBSで不正取引を行い、23 億ドルの損失発生に関与したクウェク・アドボリ元トレーダーに対し、 禁錮7年の刑が言い渡された事件が記憶に新しい。

原題:Credit Suisse Said to Dismiss London Trader Over $6 Million Loss(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE