ホワイトハウスは10日、政策上の条 件が付かない短期的な連邦債務上限引き上げ案を支持すると表明。約1 カ月間に限って債務上限を引き上げるとする下院共和党案を受け入れる 可能性を示唆した。

ベイナー下院議長(共和)がこの日提示した案は11月22日まで債務 上限を引き上げる内容だが、承認されても政府機関の一部閉鎖は解消さ れない。

ホワイトハウスのカーニー報道官はこの日、オバマ大統領はより長 期の案が望ましいと考えているものの、「党派的な条件が付かない」債 務上限引き上げ案であれば支持するだろうと語った。下院共和党は同案 にどのような条件を付けるかについて明言していない。カーニー報道官 はホワイトハウスは同案を受け入れる前に吟味する必要があると語っ た。

同報道官は「下院において少なくとも冷静な見方や、デフォルトは 許されないとの認識が広がりつつあると感じられることに、大統領は満 足している」と述べた。

デフォルトに陥れば経済に壊滅的な影響が及ぶと財務省は警告して いるが、今回の共和党案はそうした打撃を回避するため民主・共和両党 が協議の行き詰まりを打破できる可能性を示す最初のシグナルだ。

下院共和党議員は同案について、米東部時間午後4時35分(日本時 間11日午前5時35分)からオバマ大統領とホワイトハウスで協議に入っ た。

トム・リード下院議員(共和、ニューヨーク州)は、同案の下では 財務省は借り入れ権限をさらに延長するための緊急措置を利用できなく なり、厳格な期限が設定されると説明した。

バーン・ブキャナン下院議員(共和、フロリダ州)は、同案の採決 は11日もしくは12日に実施される可能性があると述べた。

原題:Debt-Cap Raise Until Nov. 22 Gains Support to Avert Default (2)(抜粋)

--取材協力:Michelle Jamrisko、Kathleen Hunter、Kasia Klimasinska、Susanne Walker、Michael C. Bender、Mike Dorning、Phil Mattingly. Editors: Jodi Schneider, Robin Meszoly

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE