コンテンツにスキップする

台湾HTCの7-9月期は赤字-サムスンなどにシェア奪われる

台湾最大のスマートフォン(多機能 携帯電話)メーカー、宏達国際電子(HTC)の7-9月(第3四半 期)決算は赤字となった。同社は米アップルや韓国のサムスン電子にシ ェアを奪われている。

HTCが4日電子メールで発表した資料によると、7-9月期の純 損失は29億7000万台湾ドル(約98億円)。ブルームバーグのデータによ ると、連結ベースでの赤字は少なくとも2008年以来となる。

HTCの主力商品「ワン」は製品発売の遅れや戦略変更の影響で売 上高の減少に歯止めをかけることができなかった。同社はてこ入れのた めに俳優のロバート・ダウニー・ジュニアさんを起用して宣伝を強化 し、中位機種も投入する計画だ。

7-9月期の営業損失は35億台湾ドル、売上高は470億台湾ドルだ った。

原題:HTC Posts Third-Quarter Loss as Smartphones Lose to Samsung(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE