コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ブラックストーン会長:ブラックロック売却は「甚だしい」誤り

世界最大のオルタナティブ投資会 社、米ブラックストーン・グループのスティーブン・シュワルツマン会 長兼最高経営責任者(CEO)は、世界最大の資産運用会社である米ブ ラックロックの前身部門を19年前に売却した決定について、「甚だし い」誤りだったと認めた。

シュワルツマン会長は、ブルームバーグラジオとのインタビュー (6日放送予定)で、「それは間違いなく甚だしい誤りだった。われわ れは皆、たまたま一定の成功を得ているが、正しく行動していないと気 付くことは屈辱的な経験だ」と語った。

ブラックストーンは、運用資産額230億ドルのモーゲージ証券部門 を1994年にPNCバンクに2億4000万ドルで売却した。ブラックストー ンの共同創業者であるシュワルツマン氏は、ブラックロックの現会長兼 CEOであるローレンス・フィンク氏と報酬をめぐる手法で対立し、た もとを分かった。

モーゲージ証券や他の債券資産の取引を手掛けていた同部門は、売 却プロセスの過程でブラックストーン・ファイナンシャル・マネジメン トからブラックロック・ファイナンシャル・マネジメントに社名を変更 した。

原題:Schwarzman Says Selling BlackRock in 1994 Was ‘Heroic’ Error (1)(抜粋)

--取材協力:David Carey、John Morris. Editors: Christian Baumgaertel, Josh Friedman

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE