国連気候変動枠組み条約のフィゲレ ス事務局長は、地球温暖化否定論者らが温暖化ペース減速のデータを誤 解しているとの見解を示した。

フィゲレス氏は26日のインタビューで、人類が温暖化の原因を作っ ていることを否定する人たちは地球の気候に関する科学について「原始 的な理解」しか持ち合わせていないと指摘した。国連は27日、気候変動 に関する最新の評価報告を発表する。

同報告の草案によると、1998年以降、温暖化のペースは鈍化してい るものの解氷で海表面がこれまでの見込みより速いペースで上昇すると の見通しが示される予定。

フィゲレス氏は「気温が高めで横ばいになっているというと、科学 的な理解を誤って伝えることになる。科学を極めて原始的に理解してい る」と述べた。

ブルームバーグが入手した報告の草案では、新データを基に2100年 までの地球温暖化のペースは従来見通しより鈍化すると予想されてい る。8月12日付草案では地球の平均気温は2100年までにセ氏で0.3-4.8 度上昇する見通し。07年には1.1-6.4度の上昇が予想されていた。地球 の気温は産業革命以降、約0.89度上昇している。

原題:Climate-Change Deniers Misinterpret Data, UN’s Figueres Says(抜粋)

--取材協力:Alex Morales. Editors: Jon Morgan, Allan Holmes

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE