米マイクロソフトはフィンランドの ノキアの携帯電話機事業を54億4000万ユーロ(約7130億円)で買収する ことに合意した。スマートフォン(多機能携帯電話)市場でアップルや グーグルを追撃する地歩を固めるとともに、統合プロセスの中で次期最 高経営責任者(CEO)を得る可能性がある。

両社によると、マイクロソフトが買収するデバイス・アンド・サー ビス事業はノキアの2012年売上高の半分を占めた。従業員3万2000人が マイクロソフトに移籍する。ノキアのCEOを3年間務めたスティーブ ン・エロップ氏はマイクロソフトに復帰する。マイクロソフトのスティ ーブ・バルマーCEOは1年以内に退任すると先月発表していることか ら、今回の買収を受けてエロップ氏がバルマー氏の後継者になるのでは ないかとの観測が強まった。

マイクロソフトはコンピューター販売の減少でソフトウエア需要が 減退していることに対応し、ハードウエア分野への一層の事業拡大を進 める。ノキアの株価は3日のヘルシンキ市場で一時48%高と急騰した。 赤字の携帯電話機事業の売却により、採算性の高いネットワーク機器事 業に集中できると受け止められた。ただ、両社の事業を合計してもスマ ホ市場でのシェアは4%足らずと、アップルやグーグルには遠く及ばな い。

シドニーの通信コンサルタント、ポール・バディ氏は「問題は弱い 企業2社が統合して競争力の高い新たな企業になるかどうかだが、それ は疑わしい」と述べ、「ノキアとマイクロソフトは共にスマホ分野で好 機を逃した。挽回するのは極めて困難だ」と指摘した。

市場シェア低下

エロップCEOはアップルの製品やグーグルの基本ソフト(OS) 「アンドロイド」搭載の機種が圧倒的シェアを持つスマホ市場に食い込 もうとしたが成功せず、9四半期で50億ユーロを超える損失を計上し た。同社の株価は9月2日までの5年間に80%強下落した。

3日のヘルシンキ市場でノキア株は前日比34%高の3.97ユーロで終 了。これに基づく時価総額は149億ユーロとなる。マイクロソフト株は ニューヨーク市場で前営業日比4.6%安の31.88ドルで終了。時価総額 は126億ドル強減少し、約2656億ドル(約26兆4400億円)。

3日の発表資料によると、マイクロソフトは今回の合意に基づき、 ノキアのデバイス・アンド・サービス事業買収に37億9000万ユーロ、特 許のライセンス取得に16億5000万ユーロを支払う。全て現金での取引と なる予定で、ノキアの株主の承認を得た上で2014年1-3月(第1四半 期)に手続きを完了する見通し。ノキア側のアドバイザーはJPモルガ ン・チェース、マイクロソフト側のアドバイザーはゴールドマン・サッ クス・グループが務めた。

ノキアは事業売却に伴い32億ユーロの利益を計上すると説明。投資 適格級への格付け復帰を目指す考えも示した。暫定CEOに就任するリ スト・シラスマ会長は、余剰資本を株主に返還する可能性を明らかにし た。

マイクロソフトのバルマーCEOはブルームバーグテレビジョンの 番組「ザ・パルス」で、「大きな転換だ。だが、テクノロジー関連ビジ ネスで前進するには必要なことだ」と述べた。

マイクロソフトは今回の買収について来年の早い時期までに承認を 確保できるとの見方を示した。買収による今年度の1株当たり利益への 影響はマイナス12セントで、一部項目を除いたベースでは8セントだと いう。

原題:Microsoft Will Buy Nokia’s Handset Business for $7.2 Billion (4)(抜粋)

--取材協力:Nick Turner、Dave McCombs、Aaron Kirchfeld、Matthew Campbell、Heather Smith、Kati Pohjanpalo、Christopher Spillane. Editors: Nick Turner, John Lear

Download:

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE