中国光大証券に罰金80億円、4人永久追放-インサイダー認定

中国証券監督管理委員会(証監会) は誤発注問題を起こした光大証券がインサイダー取引を行ったとして、 同社に巨額の罰金を科した。

証監会が30日にウェブサイトで発表した資料によると、金額は罰金 と違法所得の没収で計5億2300万元(約84億円)。社長を辞任した徐浩 明氏ら4人は証券市場から永久追放とし、光大証券には自己勘定取引の 大半を停止する措置を取った。

証監会は、光大証券が誤発注の事実を開示する前に上場投資信託 (ETF)や指数先物を売った行為がインサイダー取引に当たると判断 した。

原題:China’s Everbright Draws Record Penalty After Insider Trading(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE