欧州株(23日):下落、エネルギー株安い-週ベースは2週続落

30日の欧州株式相場は下落。ユーロ 圏で景況感が予想以上に改善したものの、石油・ガス銘柄が売られたこ とで相場全体が下げた。指標のストックス欧州600指数は週間ベースで の下げ幅を拡大した。

英BPと英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルが安い。英下院がシリア に対する軍事行動の動議を否決し、これを手掛かりに原油相場が下落し たことが背景。オランダの電話会社ロイヤルKPNは3.4%安。同社を 買収する案にKPNの独立基金が反対ならば、同案を撤回するとの方針 をメキシコのアメリカ・モビルが示した。

ストックス欧州600指数は前日比0.9%安の297.32と、7月17日以来 の安値で終了。前週末比では2.4%下げ、2週続落となった。月初来で は0.8%下落。

インベステック・アセット・マネジメントの投資ストラテジスト、 マックス・キング氏は「短期的に、欧州株はやや上げ過ぎていた」と し、「ユーロ圏経済が横ばいからプラス成長に転じるとの見方に投資家 が浮かれていることが懸念材料だ」と語った。

欧州連合(EU)の欧州委員会がこの日発表した8月のユーロ圏景 況感指数は95.2と、先月の92.5を上回り、4カ月連続で改善した。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト26人の予想中央値は93.8 だった。

30日の西欧市場ではギリシャを除く17カ国全てで主要株価指数が下 落した。

原題:European Stocks Fall as Stoxx 600 Extends Weekly Loss; KPN Slips(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE