中国証監会:光大証券に制裁金、一部従業員を業界追放-新華社

中国証券監督管理委員会(証監会) は、2週間前に誤発注で本土の株式市場を動揺させた光大証券に制裁金 を科すとともに、同社の一部従業員を業界から追放することを決めた。

国営の新華社通信は30日、インサイダー取引もあったと証監会が判 断した同事件に伴う制裁金と違法利益の押収額は、合わせて5億2300万 元(約84億円)になると報じた。

光大証券取締役会秘書の梅鍵氏の携帯電話に取材を試みたが、これ までのところ応答は得られていない。

光大証券が8月16日に間違った買い注文を出したことで、本土株の 指標、上海総合指数は2009年以来最大の乱高下を記録。証監会はこれを 受け、同社に3カ月間の自己勘定取引停止を命じた。事件後、光大証券 の徐浩明社長は辞任。同社は自己勘定取引責任者の楊剣波氏を停職処分 とした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE