8月ユーロ圏景況感は95.2、2年ぶり高水準-景気回復の兆候

8月のユーロ圏景況感指数は2年ぶ り高水準となった。域内経済は過去最長のリセッション(景気後退)を 脱し、勢いを増しつつある。

欧州連合(EU)の欧州委員会が30日発表した8月のユーロ圏景況 感指数は95.2と、先月の92.5を上回り、4カ月連続で改善した。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト26人の予想中央値は93.8だ った。

ユーロ圏経済は4-6月(第2四半期)に7四半期ぶりにプラス成 長を回復。その後も勢いが増しており、株価指標のストックス欧州600 指数は過去2カ月で3.4%上昇した。ただ、同時に発表された7月の域 内失業率は過去最悪の12.1%にとどまるなど、4年目に入った債務危機 がもたらした負の遺産の排除は困難を極めるもようだ。

マッコーリー・セキュリティーズのストラテジスト、ダニエル・マ コーマック氏は7-9月(第3四半期)について、「7、8月の指標に 基づけば、ユーロ圏は0.4%のプラス成長となる公算が大きい」とし、 「この景気回復が持続可能かどうかが、2014年に入るにあたり重大な問 題だ」と語った。

欧州委によると、8月のユーロ圏製造業景況感指数はマイナス7.9 と、前月のマイナス10.6から改善。サービス業の指数はマイナス5.3 で、7月のマイナス7.8から上昇。同時に発表された8月の消費者信頼 感指数改定値はマイナス15.6。7月はマイナス17.4だった。

原題:Euro-Area August Economic Confidence Surges to 2-Year High (1)(抜粋) Eurozone Aug. Consumer, Business Confidence: Summary (Table) (抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg. Editors: Patrick Henry, Zoe Schneeweiss

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE