ユーロ圏7月失業率12.1%、前月と同水準-過去最悪にとどまる

ユーロ圏の7月の失業率は前月から 変わらずで、過去最悪にとどまった。4年目に入った債務危機がもたら した負の遺産の排除は困難を極めるもようだ。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が30日発表した7月の ユーロ圏失業率は12.1%と、6月と同水準。ブルームバーグ・ニュース がまとめたエコノミスト31人の予想中央値とも一致した。若年層の失業 率は24%に悪化した。

ソシエテ・ジェネラルのシニアエコノミスト、アナトリ・アネンコ フ氏(ロンドン在勤)は「ユーロ圏全体で雇用見通しは極めて暗い」と 指摘。「政策をめぐる高い不透明感と分断されたままの金融市場が大き な向かい風として域内に残る中で、数カ国では一段の財政再建が必要に なると思われる」と語った。

別のアナリスト調査によれば、ユーロ圏の失業率は2015年末ま で12%を下回らない見込み。

原題:Euro-Area Unemployment Rate Holds at Record 12.1% Amid Expansion(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg. Editors: Patrick Henry, Andrew Atkinson

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE