香港株(終了):ハンセン指数が上昇-米GDPを好感

香港株式市場では、ハンセン指数が 上昇。月間の下げ幅は縮小した。米国の景気拡大や、シリアへの軍事行 動観測の後退が支援材料となった。

売り上げの半分を米国で稼ぐソファメーカーの敏華(1999 HK) は5.5%高。4-6月(第2四半期)の米実質国内総生産(GDP)改 定値は市場予想を上回った。国内2位の保険会社、中国平安保険(2318 HK)は増益決算を受けて0.9%高。

原油相場下落を嫌気し、アジア最大の製油会社、中国石油化工 (SINOPEC、386 HK)は1.8%安となった。

ハンセン指数は前日比26.59ポイント(0.1%)高の21731.37で終 了。週間では0.6%下落、月間では0.7%安となった。ハンセン中国企業 株(H株)指数は前日比0.3%下げ9825.21。

第一上海証券のストラテジスト、ライナス・イップ氏(香港在勤) は「市場には引き続き不透明感があり、30日には利益確定の売りも出て いたと思う」と語った。

原題:Hong Kong Stocks Pare Monthly Drop on U.S. Data; Ping An Climbs(抜粋)

--取材協力:Kana Nishizawa. Editors: Jim Powell, Tom Redmond

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE