英中銀総裁:バブル兆候あれば行動する-デーリー・メール紙

イングランド銀行(英中央銀行)の カーニー総裁は、不動産バブルの兆候が表れれば当局が行動するとの構 えを見せた。最近のデータは英住宅市場の引き続き強い状況を示してい る。

30日付の英紙デーリー・メールが掲載したインタビューで、カーニ ー総裁は「われわれは状況を注視しており、このリスクの度合いならび にそれへの対応で取るべき行動の可能性について、当局の見解を適切に 知らしめる」と語った。

ネーションワイド・ビルディング・ソサエティーはこの日、8月の 住宅価格が前月比0.6%上昇したと発表。政策金利を過去最低水準に維 持するとの英中銀の決意が需要を支えている可能性を指摘した。

カーニー総裁は同インタビューで、「住宅部門など経済の中で発生 しつつある脆弱性を見極め、それを精査し、行動を提言する責任がわれ われにはある」と言明。「政策金利は主としてインフレ目標を達成する ための金融政策上の手段で、リスクに対応する別手段もある」と説明し た。

英住宅市場は、オズボーン財務相が導入した政府措置に支えられて いる面もある。カーニー総裁はこれらが行き過ぎた刺激策となり、バブ ル抑制が「困難な取り組み」となる可能性があるとも示唆。相場を一段 と押し上げる「イベントや政府による政策が多ければ、達成は困難にな るだろう」と話した。

原題:Carney Says He’s Alert to Bubble Danger as House Prices Increase(抜粋)

--取材協力:Aki Ito. Editors: Paul Gordon, Zoe Schneeweiss

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE