GPIF:4-6月は2兆2100億円の黒字-国内株式の上昇が寄与

年金積立金管理運用独立行政法人( GPIF)の4-6月(第1四半期)の運用収益は2兆2100億円の黒字 になった。

GPIFが30日に発表した資料によると、国内株式が1兆7144億円 の黒字と大きく貢献したほか、外国株式が9218億円の黒字、外国債券 は4782億円の黒字を確保した。半面、国内債券は9451億円の赤字だっ た。

四半期ベースでの黒字は12年7-9月以来、4四半期連続。 GPIFの清水時彦調査室長は「国内債券はマイナスになったが、それ を国内株式と外国株式・債券が補った。分散投資の効果が効いた」と述 べた。同氏によると、国内債券の赤字額は2008年4-6月の7341億円を 上回り、過去最大。

一方、4-6月の運用利回りはプラス1.85%。前四半期の1-3月 の6.86%を下回り、12年7-9月の0.49%以来の低水準だった。

6月末の資産構成割合は国内債券59.87%、国内株式15.73%、外国 株式12.90%、外国債券10.03%、短期資産1.46%。期末の運用資産額 は121兆116億円。一方、7月に発表した3月末時点の資産構成は国内債 券61.81%、国内株式14.57%、外国株式12.35%、外国債券9.79%、短 期資産1.48%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE