NY外為:円が主要通貨に対して上昇、新興市場に懸

30日のニューヨーク外国為替市場で は円が主要16通貨の過半数に対して上昇。今月、新興市場の資産に圧力 をかけている金融市場の混乱がまだ続くとの見方が広がり、安全資産と して円が買われた。

週間ベースでの円は1通貨を除くすべての主要通貨に対して上昇し た。米国主導による対シリア軍事行動への脅威が背景にある。ユーロは 対ドルで1カ月ぶりの安値に下落した。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は、「シリア情勢を背景に、多くの投資家が様子 見姿勢をとっている」と指摘しながらも、「対円でのドルをより強気に 見る向きもある。円に対するドルのポジションが盛り返している」と続 けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ユーロで0.3%上昇して1 ユーロ=129円80銭。週間ベースでは1.8%上昇した。円は対ドルで前日 比0.2%上昇して1ドル=98円17銭。ドルは対ユーロで0.1%高の1ユー ロ=1.3222ドル。一時は1.3174ドルと、7月25日以来の高値をつける場 面もあった。ブルームバーグ米ドル指数は0.1%上昇して1034.28。

2日の米金融市場はレーバーデーの祝日で休場となる。

インドやメキシコ、トルコの通貨はいずれも週間ベースでドルに対 して下落した。米金融当局が緩和策を縮小するとの観測で高利回り資産 に対する需要が減少したほか、中東での紛争が拡大するとの懸念でリス クを取る動きが敬遠された。

カリー氏の見解

ブルームバーグが8月9-13日にエコノミストを対象に行った調査 によると、65%が9月17-18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)会 合で月間850億ドルの債券購入の縮小が決定されると予想した。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのテクニカルスト ラテジスト、マクニール・カリー氏が30日付のリポートで指摘したとこ ろによると、ユーロは対ドルで9カ月ぶり安値に下げる可能性がある。

同氏は「ドルにはまだ強気だが、対ドルでのユーロにはまだ弱気に なっていない」と指摘し、「それが変わりつつある」と続けた。

1ユーロ=1.3206ドルを下回って取引が終了した場合、その後数週 間で1.2760-1.2680ドルを模索する展開になるとみている。これは昨 年11月以来の安値水準となる。

カリー氏はまた、ドルが円に対して109円80銭まで上昇する可能性 があるとの見方を示した。

シリア情勢

ケリー米国務長官がワシントンで記者団に対し述べたところによる と、オバマ政権が公表した分析評価には、諜報機関はシリアのアサド大 統領の軍が21日の攻撃で化学兵器を使用したと「強く確信」していると 記述された。同長官は21日の攻撃では少なくとも1429人が死亡したと説 明した。

フランスはシリアに対する軍事攻撃に米国の主要な同盟国として参 加する可能性があると示唆した。英国は武力行使を見送る見通しだ。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、円が週間ベースで1.7%上昇、ドルは1%上昇、ユーロは0.3% 下げた。

米銀が決済機関デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング (DTCC)へ提出したデータをブルームバーグがまとめたところによ ると、外為オプションの店頭取引は合計150億ドル。前日は170億ドルだ った。

原題:Yen Gains Versus Majors on Emerging-Market Concern; Krone Slides(抜粋)

--取材協力:Lukanyo Mnyanda、Kevin Buckland、Masaki Kondo. Editors: Kenneth Pringle, Greg Storey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE