ボーイング:パイロット採用予想、8.3%引き上げ-アジア需要

航空機メーカー最大手、米ボーイン グは、今後20年間の航空機受注に対応するため、世界の航空会社が新た に49万8000人のパイロットを採用する必要があるとの見通しを示した。 昨年の予想から8.3%引き上げた。

ボーイングが29日に発表した資料によると、アジアの航空会社 で2032年までにパイロット19万2300人の採用が必要となる見通し。これ は同社の昨年の予想を3.6%上回る。

ボーイング・フライト・サービスのバイスプレジデント、シェリ ー・カーベリー氏は29日、航空業界の人材の需要はアジアで最も多いと 指摘。「航空業界で優秀な人材が早急に必要とされるのは世界的問題 で、アジア太平洋で現在痛感されているが、国際的な対応の必要があ る」と述べた。

原題:Boeing Boosts Pilot-Hiring Forecast 8.3% for Asia Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE