フォード:米国内での増産検討-「フュージョン」生産開始

米フォード・モーターは国内工場で セダン「フュージョン」の生産を開始した。需要の拡大に伴い、同工場 で別のモデルを生産する可能性もあるという。

ミシガン州のフラットロック工場では29日、生産ラインから初めて 完成したフュージョンが姿を現した。フォード米州部門のジョー・ヒン リクス社長は記者団に対し、「将来的に生産を拡大する柔軟性がある」 と説明。「需要に合わせて生産能力を設定するつもりだ。トラックやフ ュージョン、その他の製品ラインの需要は高まっており、そこに照準を 当てている」と述べた。

フォードが同日発表した資料によると、フラットロック工場で新し い従業員1400人によるシフト体制を設けることで、フュージョンの生産 能力は30%余り向上する。フュージョンはこれまでメキシコの工場のみ で生産されていたが、需要が生産能力を大きく上回っていた。

ヒンリクス社長(46)は「もっと生産されていれば、もっと売るこ とができた」と指摘。「米国内、さらに世界各地で販売の勢いは続くと 見込んでいる」と語った。

原題:Ford Considering More U.S. Production After Boost for Fusion (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE